お宮参りとは

生まれて1ヶ月ほど経って、赤ちゃんが無事に生まれたことへの感謝と健やかな成長を願う行事のことです。古くはお産の忌明けの儀式でしたが、前者の意味合いが濃くなってきています。
一般には地域の住民が祀っている氏神様を祀っている地元の神社でお宮参りをしますが、昨今では必ずしも特定の地域に限っていません。

お宮参りの時の男の子向けの衣装と女の子向け衣装の違い

定番の色に違いがある

お宮参りの服装の色に特に決まりはありませんが、男の子ならば黒や紺、もしくは白など落ち着いた色が定番です。赤やピンクなど女の子らしい色が選ばれることが多くあります。刺繍や生地の選び方にこだわりを持つ方もいます。レンタル衣装だと様々な色柄の衣装が選べるので、選択肢が豊富です。

ベビードレスにも違いがある

ベビードレスなら女の子に限らず、男の子が利用しても問題ありません。その上で、男の子らしさや女の子らしさを意識する方もします。例えば、女の子ならリボンをつけて、女の子らしさを可愛く演出しても良いでしょう。ドレスとセットのヘアアクセサリーまでレンタルしてくれる業者を選ぶと楽ちんですよ。

お宮参りする時に気を付けたいこと

温度調節が苦手な赤ちゃんの事情を考慮して、暑すぎず寒すぎない服装に注意する必要があります。注意したいのは夏場なら熱中症に配慮して、不用意に重ね着させないことです。寒いときなら、保温に注意しましょう。
さらに当日に体調が優れないようであれば、実施日にこだわらず負担の少ない日を選びたいところです。

お宮参りする時の段取り

お宮参り

お宮参りの日時を決める

一般にお宮参りは、男の子なら生後31日、女の子なら32日目に行うものとされています。ただし多くの場合、生後30日前後で行う家庭が多くあります。また赤ちゃんの体調を考慮したり、過ごしやすい気候を選んだりするなどして、日取りを決めるケースもあり、必ずしも厳密に日時にこだわる必要はありません。

どこの神社で行うか決める

お宮参りを行う場所は、古くは氏神を祀る地域の神社とされていましたが、必ずしも場所に限定されません。母方の出生地の神社で行うなど、都合によって決めることができます。赤ちゃんの体調を考慮して、過ごしやすい季節を選んで日時を決めると良いでしょう。

適切な服装を選びましょう

和装が基本とされており、男女それぞれに合った着物としますが、昨今では必ずしもこだわる必要はありません。和洋さまざまな衣装としたり、男女に関わらずベビードレスを選択したりすることもあります。男の子なら男子らしい色や柄が、女の子なら可愛い色や生地を選ぶと良いでしょう。

多くの赤ちゃんが迎える定番行事!お宮参りにレンタル衣装で行こう

お宮参り

お宮参りの衣装を準備する方法

購入する場合、お宮参りの時期と購入時期を同じする家庭も多く、人気の衣装は売り切れの心配がありますので注意しましょう。ベビードレスや着物が一般的ですが、早めにどんな衣装にするのか決め、店舗に購入の意志を伝えることが重要です。購入以外には、衣装をレンタルするという方法もあります。レンタルする際には、レンタル料やサービス内容をしっかりと確認しましょう。
また両親の衣装についても、事前にサイズに問題ないか確認したり、購入やレンタルの手配を早めに行ったりすることが大切です。和装にこだわらずスーツなどの洋装を選択する場合もありますが、赤ちゃんを連れていますので機能性を重視することも大切です。